安く宣伝効果バツグンなDM

ダイレクトメールハガキは通常のハガキより安く発送できる

最近価格が改定されてハガキは1枚52円から62円に値上げになりました。しかし、発送代行業者に依頼しても1枚あたり60円以内で送ることができるのです。郵便には様々な割引が設定されています。この中のひとつ広告郵便物に対する割引を利用すると2000通以上2999通以内であれば8%の割引、つまり1枚あたり57.04円で送付することができます。
これを利用する代行業者に依頼することによって安く簡単にダイレクトメールを発送することができるという訳です。こちらで用意するのはダイレクトメールの文面と発送先のリストです。また、文面に対して郵便局に事前の承認を得る必要があります。これは広告であることを確認するためで、通常のダイレクトメールであれば問題ありません。また、もっと少ない部数でも同様に代行業者に依頼して発送することは可能です。
たとえば、100通でも1通あたり90円代ですので発送にかかる手間や人件費などを考えると十分お得と言えます。ネット業者に依頼するので申し込みから入稿、入金から発送にいたるまですべてパソコンの前で完結しますので忙しい自営業者などでも安心です。ネットが得意でない層に関してはダイレクトメールはまだまだ有効な宣伝方法です。意外と安く簡単に発送できるので試してみる価値は大です。

ダイレクトメールを発送するターゲット

ダイレクトメールを発送するにあたって、そのダイレクトメールをお客さんがきちんと読み、自社のサービスを認識してくれるようにするためには、どんな取り組みが有効なのか、考えておくことはとても大切です。
たとえば、小学生や中学生を対象とした通信教育の会社が発送するダイレクトメールには、ほとんどの場合ターゲットとなる子どもたちに読んでもらうための、サービスや教材を紹介したマンガが入っています。そのマンガには、通信教育を受けたくなった子どもが親にお願いをして、サービスを契約してもらうシーンが必ず描かれており、子どもたちに行動をうながすようなつくりになっています。さらに、お試し教材を同封することで、実際に楽しく勉強をする過程を体験させ、子どもたちが通信教育にプラスのイメージをもってくれるように働きかけています。
この例からわかるように、ダイレクトメールを発送する際には、送付先の世帯の年齢層やニーズをきちんと把握し、ターゲットに合わせた内容の広告を送ることが効果的ですよね。発送先のリストから事前にターゲットにならない世帯を除外したり、発送する広告にクーポン券をつけたりするなどといった工夫をすることで、ダイレクトメールを効果的に発送することができますよ。

Menu

2017年08月03日
確実なコマーシャルを狙うを更新しました。
2017年08月03日
覚えておきたいDMの優位性を更新しました。
2017年08月03日
DMにかかるお金の話を更新しました。
2017年08月03日
信頼できるダイレクトメール発送代行を更新しました。

Calendar

2019年11月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Choices Post

確実なコマーシャルを狙う

ダイレクトメールのデザイン 会社でのマーケティング活動をしていく中で、ダイレクトメールを発送しているところ…

Readmore

覚えておきたいDMの優位性

ダイレクトメールのコスパを考える ダイレクトメールを発送するにあたって、必要な広告の製作代、印刷代、封筒代…

Readmore

信頼できるダイレクトメール発送代行

郵便代行会社を使う ダイレクトメールは、顧客を集客する際の重要なツールになっています。なぜなら、新聞に入る…

Readmore

DMにかかるお金の話

ダイレクトメールの発送費用の相場について ダイレクトメールを発送したいとなれば、自社で発送するか、業者に依…

Readmore

Copyright(C)2017 ダイレクトメール発送代行は割引と信頼が大切 All Rights Reserved.