ワッペン製作をしているサイトを探そう

ワッペンは販促品として活用したり、オリジナル性を感じられるデザインとして活用したりできるものとなっています。特にオリジナルでデザイン性にこだわりたいという人は、ワッペン製作を専門的に行っている業者を探してみることをお勧めします。最近では、インターネットで手軽に探せるようになっているので、まずはネット検索がお勧めです。ワッペン製作をしている業者は、ネット注文ができるようになっていることがあります。簡単にやりとりができて楽です。デザイン性などを指定することも、もちろん可能となっています。まず、用途や目的を明確にすることが大切です。どんなところで利用するのかによって、デザイン性はもちろんのこと、大きさなども違ってきます。正確に要望を伝えることがポイントです。また、ワッペン製作といっても機械で行われることが多くなっています。そのため、販促品であれば大量注文もできやすく便利です。

オリジナルのワッペン製作

ワッペンは、そのデザイン性や作り方、枚数等によっても費用もことなって来るのではないでしょうか。作り方としては、一般的な方法で価格が安いと思われるのはプリントタイプです。プリントタイプのメリットは短時間で大量に作成できる、低コストであることです。その他にも刺繍ワッペンや織物もありますが、一つのワッペン製作に時間がかかることからコストも高くなりますし、納期が長くなってくるのではないでしょうか。しかし、刺繍ワッペンなどはそのデザイン性等からとても人気があり、インターネットなどではオリジナルのワッペンを製作している会社さんが多く見受けられます。ワッペンはオリジナルのネーム入り等、アパレル業界等でブランド価値を商品につけるためにも役立ち、現在ではロゴマークだけではなく、イラストやシルエット等の入ったオリジナルワッペンが多く作成されています。

ワッペン製作について

フェルトでワッペン製作をする場合、接着芯と面ファスナーの用意をしましょう。まず、デザインを決めたら紙に書いていきます。フェルトをパーツごとに切り抜いて、ベースになるフェルトをひとまわり大きめで切っておきます。そしてパーツに合わせて、接着芯も切っておきましょう。小さいパーツから順に接着芯をはさんでアイロンでくっ付けていきますが、ずれないようにボンドで数箇所を仮止めしておくといいでしょう。全部貼り終わったら、裏面に面ファスナーを接着芯で貼り合せて、ベースのフェルトにも、もう片方の面ファスナーを貼り合せます。脱着式にしたいのでしたら、ベースの方に小さめの安全ピンを付けておけば簡単にはずせますし、外からも分かりにくいです。これで色々なオリジナルワッペンを製作出来るでしょう。お子さんの衣服や、ちょっとした贈り物でも喜んでもらえますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにGD image supportが見当たりません!

PHPにGD image supportが有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにimagepng機能が見当たりません!

PHPにimagepng機能が有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)